人身傷害と搭乗者傷害との違い

自動車保険の関する質問で一番多い質問として、
搭乗者傷害保険と人身傷害保険って何が違うのか?というのがあります。

中には、人身傷害保険は運転者に対する補償で、
搭乗者傷害保険は運転者以外の搭乗者に対する保険と思っている人もいるようですが、
補償対象となるのが、契約車両に乗っていた人という点では同じです。

では何が違うのかというと、
搭乗者傷害は定額払い方式で、人身傷害は実損払い方式であるということです。

搭乗者傷害の定額払いというのは、
たとえば1~5日までの入通院の場合は1万円とか、
腕を骨折した場合は30万円だとかいう具合に、
条件ごとに支払われる保険金の額が決まっているものです。

人身傷害の実損払いというのは、
治療費だけではなく、仕事ができなくなるための休業損害や、
慰謝料、その他の損害を含めた、実際の損害金額を約款上に定めたルールにより
計算して、契約時に設定した保険金額の範囲内で支払うというものです。

ケースバイケースではありますが、
多くの場合では、人身傷害保険のほうが支払われる保険金は多くなり、
搭乗者傷害保険は自分方に対する最低限の補償ということが言えるでしょう。

最近では、搭乗者傷害保険では損害額をカバーできないことから、
人身傷害保険を自分方へのメイン保険とするところが多くなってきています。
損害保険という観点で見れば、人身傷害保険のほうが理想的な保険と言えますからね。