人身傷害の保険金はいくらにすればいいのか

 

人身傷害保険を付帯するときは、保険金額を設定することになります。
ほとんどの保険会社では3000万円を最低金額として、
1000万円単位で保険金額をアップさせることができるようになっています。

では、いったいいくらに設定するのが理想なのかってことになるのですが、
これはなかなか難しい質問で、その人のニーズによるのかもしれません。

まず、多くの保険会社では3000万円か5000万円を推奨しているようですが、
これは死亡の際の損害額としては足りないのですが、ケガや後遺障害であれば十分といえます。

後遺障害の場合は足りないのでは?と思う人もいるかと思いますが、
実は後遺障害の場合は保険金額の2倍の金額を上限とするという倍額条項が含まれていて、
3000万円だったとしても、6000万円まで保険金が出ることになるのです。
(保険会社によっては、この条項がないところもあるようです)

ちなみに自分の車に乗っていた人に対する補償というのは、
人身傷害や搭乗者傷害だけではありません。

乗っていたのが、友人や、記名被保険者の配偶者・親・子供以外であれば、
対人賠償でも補償されるのです。

つまり、人身傷害保険でしか補償されないのは、
記名被保険者本人と、その配偶者・親・子といえるでしょう。
ということは、その人たちが死亡してしまった場合にいくらあればいいかというのが、
保険金額を決める際の参考になるということですね。

その人たちが死亡してしまったときの保険金は最低限でいいというのであれば、
人身傷害は3000万円でいいでしょうし、しっかり遺失利益などを考えて補償して欲しい場合は、
それぞれの人の死亡の場合の損害額を計算して、それを考慮した金額にする必要があるでしょう。
そうなると5000万円程度では足りないことになるでしょうね。