人身傷害保険は搭乗者の補償の中心

人身傷害保険とは、自動車事故で自分の車に乗っていた人(搭乗者)が
ケガ、死亡、後遺障害状態となってしまった場合に、損害金額を算出して、
保険金額内でその損害額を補償するというものです。

実際の損害額を補償してくれるものになりますので、
これさえつけておけば搭乗者への保険は万全とも言えるものかと思います。

また、過失割合に関係なく、損害額全額を補償するものとなりますので、
示談交渉が長引いたとしても、相手の過失分の入院代や通院代を
相手が支払ってくれるまで立て替える必要もないのが特徴です。

単独事故で車に乗っていた人がケガしたとしても、
車対車の事故で、自分の車に乗っていた人がケガしたとしても、
保険金額内とはいえ、損害額をしっかり受け取れる補償なのです。
(ただし、相手の過失分の金額は保険会社が相手から後日回収します)

自分方への保険といえば、以前は搭乗者傷害保険が中心で、
この人身傷害補償は特約という位置づけであったのですが、
現在、多くの保険会社では、人身傷害保険という名称に変更して、
特約ではない主契約のプランに組み込んで、逆に搭乗者傷害保険を特約としています。

これは人身傷害保険のほうが厚い補償となりますので、
自然な流れと言えるでしょうね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です