人身傷害保険は搭乗中以外の事故でも

人身傷害保険は搭乗者への補償の中心となるものですが、
車に搭乗中でなくても、補償されるということはあまり知られていません。
それはそうですよね。自動車保険ですから、
自分の車の乗っているとき以外の補償があるなんて普通は考えませんから。

実は家族であれば、歩行中の自動車事故や他人の車に搭乗中の事故による
死傷でも補償を受けることができるのです。

歩いていたら、車に轢かれてしまい重傷を負ってしまったとか、
友人の車に搭乗中に事故で後遺障害を負ってしまったとかでも、
人身傷害補償保険では補償対象となるのです。

この契約車両搭乗中以外の補償については、
保険会社によって、最初からついているところと、
希望があればつけられるところと2つのパターンがあります。

もし、この部分の補償がついているのであれば、
このことはしっかり覚えておいたほうがいいでしょう。
対象となる事故があったのに、保険会社に連絡しなければ、
当たり前ですが補償を受けることはできませんからね。

実際、この部分の補償の存在を知らずに、
保険金請求をしていない人って多いと思います。
でも、みなさんは万が一そういうことがあっても忘れないようにしてくださいね。