自賠責保険は対人賠償だけ

強制保険である自賠責保険には最低限の対人賠償保険しかついていません。
そこで任意保険が必要となってくるのですが、対人賠償を上乗せしたり、
対物賠償保険をつけたりという、賠償責任に対する準備はもちろんのこと、
人身傷害保険のように自分方への補償をつけられるというのにも大きな意味があります。

他人を死傷させてしまったときは、かなり高額の賠償金を支払う必要が出てくる可能性があります。
ですので、この部分の補償は万全にしておくべきなのです。

でも、自分方への補償についても、しっかりつけておくべきでしょう。
軽い怪我であれば、あまり問題ないかもしれませんが、
重傷を負ってしまった場合はかなり治療費等はかかるはずでしょうし、
後遺障害や死亡してしまったような場合も考えると、しっかりとした補償はつけておくべきでしょう。

もちろん、大きな権利収入を持っていたり、
多額の貯金があるようであれば、それでカバーすればいいかもしれませんが、
多くの人はそうはいかないと思いますので、自分方への補償は
人身傷害保険でしっかりとカバーしておくべきでしょう。

また、自分方への補償は搭乗者傷害で
最低限の補償だけでいいと考える人もいるかもしれませんが、
搭乗者傷害だけでは、休業損害など、ケガしたときに付随して発生する損害に対応できません。
やはり、人身傷害保険は必須かと思いますよ。